職場の雰囲気の改善

何となく暗く元気がない雰囲気とか、だらしない雰囲気とか、話し方、考え方にも癖が出るときもあります。

そこにいる人達の意識の集合体となり、会社の個性となります。

 

人は様々な悩みを抱えて生きていますが、職場にいる時は個々の悩みを忘れて、仕事に没頭できる

ような雰囲気を作ることが大切です。地味ですが少しずつ成果の出る右肩上がりの会社になります。

 

目指す理想の環境は会社ごとに違いますが、一番自然なのは「社員一人一人が出社することが苦痛にならない環境」ではないかと思います。

 

最近は外資系を中心に利益重視の企業が増え、パワハラや過剰なノルマを課せられることが増えています。

 

会社の要求に答えられない社員は居場所がなくなり、辞めざるを得なくなるように仕向けることは効率を上げることで一番手っ取り早いし、簡単です。

 

でも企業はリストラで贅肉だけでなく筋肉も失うことになります。あまり優秀でない社員の中にも、発揮されていない能力をもった人もいるし、社内に適した職場がある場合が多いのです。

 

その改善方法は、下記のとおりです。当たり前のことですが出来ていない企業が多いのでは。

 

1.情報の開示

部下や下請け社員を従わせる目的で情報を小出しにする姑息な人があまりにも多い。多すぎてそれが当たり前と勘違いしている職場がほとんどである。「忙しくて気が回らない」とか、「FYIでメールは展開している」と細切れの情報を投げてそこから理解しろと言うマネージャーもいる。(自分がそうしてきたからと) 

 

2.人が不条理と感じない対応を取る
自分がされれば嫌なことは、他人もいやな気持になります。立場が変われば傷つく度合も違います。
マネージャーの中には、自分が周囲から受けてきた過去の経験から、あたかも教育の一環として意図的にパワハラ行為を行っている人もいます。
 
短期的成果を常に要求される企業においては、自己完結型のスタイルを取る、押しの強いマネージャーが多く、恐喝まがいの駆け引きを行います。周囲は周囲は、表面上は忠誠を装い、例え指導に感謝していると言ったとしてもそういったマネージャーは長期的に見ると社員のモラルと意欲に悪影響を及ぼします。