20対80の法則

組織行動論で 「20対80の法則」というのがあります。

アリは通常20%しか働いておらず、

残り80%はサボっているそうです。

そこでサボっている80%を取り除いて

働きアリだけにしたところ、

なんとまたその中の80%がサボり出すそうです。

集団の20%だけが働くというのが

自然界のバランスなんでしょうか?

 

人間社会でも同じです。

組織は上位20%の優秀な人で機能しており、

彼らだけで成果も80%出せるそうです。

下位80%の人が必死に働いても

全体の成果は20%上がるだけです。

つまり、

下位80%の人はリストラとかで何度も入れ替えても、

あまり売上には影響しないということになります。

本当にそうでしょうか?

 

短期的にはそうかもしれませんが、

長い目で見るとちょっと違う気がします。

サボっているアリは、本能によって、

いつでも働きアリに変わることができます。

人間の会社組織では、アリの本能に代わるものが必要です。

トレーニングや組織のしくみです。

働く人一人一人のやる気も必要です。

本来なら、アリと一緒で下位80%の人がいつでも

上位20%の人と代われることが理想です。

長い時間的スパンで考えると、

下位80%の人が上位20%に行き、

また下位80%に戻ってくることになります。

 

短期的効率を上げるには、

上位20%の人が創造的な仕事に専念し、

下位80%の人が集団で組織の穴を埋める

地味な仕事をすることになります。

 

ただ、働く人の感情、モチベーションを考慮し、

一人一人の仕事のやりがいを考えていかないと、

時間的に右肩上がりに伸びていくことは難しいと思います。

理想論に思えますが、緻密で地道な組織作りで可能です。

そしてアリが本能で自然に出来ることを、

人間は一つ一つ伝授していかないといけません。

 

手順書として残しにくいものである暗黙知

例えば経験で苦労しながら体得した仕事の進め方、

リスク回避の方法、等は実践的なOJTで伝えるしかありません。