コスト削減は大切なことだけど、その結果がこれでは・・・ 何か組織マネジメントが間違っているのでは?

企業にとってお金を儲けることが最優先事項。

 

それは否定しませんが、何も考えずに

コスト削減を続けていくとどうなるのか、

そんな会社に所属していた自分の経験を

書いてみます。

 

売上が足りず赤字になりました。

売上を上げようといろいろやってみます。

 

リストラもやります。

年配社員や不要な社員を切り、身軽になります。

経費の安い若手社員を採用します。

優秀な社員ややりて社員も採用し、新製品開発や

販促活動を行います。

 

売上が増えて来たので、派遣社員で補強します。

外注に出せる業務があったので、

一つの部署ほぼ全員をリストラし、

別会社に業務移管しました。

 

プロパー社員(正社員)は、本社でうわべだけの

マネジメントを行います。実質的な現場作業は、

協力会社がすべて行います。但し、現場の責任者

はプロパー社員の名前を使っているので、

たまに視察や挨拶に来ます。

 

クライアントも全く同じ状況です。

現場の情報が必要な客先会議のみ、

協力会社の社員も参加し、

ほとんど協力会社間で詳細な

打ち合わせを行います。

 

どんどん過去の経験やノウハウを知っている

社員が減っていきます。

 

たまに複雑な障害が発生し、

若手社員が解決できない状況になったとき、

経験豊富な年配社員が呼ばれ、解決します。

 

若手社員は、システム全体を俯瞰して

見れる経験が不足しているからです。

 

また、

人脈だけでリストラを免れてきた実力のない

部長がいました。

 

協力会社の社員を部下につけて、

実質的な業務をすべて移管しています。

 

部長の仕事は、周辺部署から依頼された仕事を

右から左に流すだけです。

 

以前、その部長の仕事が滞り、

大変な問題が発生したときに

私が応援に行き収束させたのですが、 

その人の言い訳は、

周辺部署が最初の取り決め通りのプロセスで

動いてくれないから、と言うだけで、

どう修復すればいいのか、

全く分からなかったようです。

 

このように、プロパー社員が

現場の仕事を回せなくなってきています。

 

「型にはまった頭の良い社員」はいるので、

協力会社に指示を出しますが、

 

問題が発生した時に現場まで俯瞰的に

見回すことができません。

 

真摯な気持ちでコツコツ地道に調べる

「やる気」がないのか、

混沌とした状況を整理する「柔軟な思考力」

がないのか、不明ですが。

 

すべて協力会社に業務委託して、

実はその協力会社も、下請け会社や

人材派遣会社からの一時雇いの社員を

派遣しています。

 

まったく現場の状況が分からないし、

部分最適を行っているので、無駄な作業

(管理業務、成果物作成、等)を行っていても、

誰も全体を通して見ていないので、

分かりません。

 

この「当たり前なことができない問題」

を改善していこうといろいろ動き、

説得もしてきましたが、

 

事業部長や支店長、事務所長クラスどころか、

役員クラスまで、

 

「それは理想論だ、プロジェクトは終われば解散し、

人はバラバラとなる。

キーとなるリーダークラスさえしっかりしていれば

良い。」との考えの人がほとんどでした。

 

私がいた業界が、競争がし烈で、長く存続することが

難しく、人材の入れ替わりが激しかったからかも

しれません。

 

しかし、

成果が出せる本当に実力のある人材は、

プロパー社員の「上っ面のマネジメント」からは、

決して生まれてきません。

 

現場で苦労を経験し、這い上がってきた人材を、

外部から調達するのにも限界があります。

 

その方法を真剣に考えていかないと

いけないのではないでしょうか?