問題解決のために会社内の視野を広げることは大切ですが、邪魔も入り易いし協調が難しい

「問題解決のためには視野を広げ、

もう一段広い枠で考えると解決方法が見つかる。」

は正論ですが、

実践させるにはしくみやコツが必要です。

 

日本企業では上司の成果目標に沿って、

協力的な方向で動くことが基本であり、

例え会社の為でも、

上司を飛び越えた仕事をすることは、

嫌われています。

  

外資系企業で働いていた時に、

私が雑談で話したアイデアを、

同僚のアメリカ人が、

会社上層部に進言してくれたおかげで、

その企画に抜擢されたことがあります。

 

もし自分から提案していたら、

入社間もないこともあり、

日本人管理職からは、

「まずは言われたことを覚えてからにしろ。」

と言われたと思います。

 

外資系と言っても、

 

そこに属する日本人の多くは、

日本企業にいる以上に保守的な人達が多く、

同じ一般社内でのみ、所属年数で先輩後輩を

意識して暮らしています。

 

但し、日本人以外はその範疇ではないらしく、

自由な言動が許されているような雰囲気でした。

  

この外資系企業時代のことです。

純日本的組織にいた人がいて、

普段は非常に礼儀正しく回りの人には

紳士的に振る舞う人がいました。

 

ただ、後輩に対しては厳しく指導したようで

一部の社員からは恐れられていました。

 

出世を望まず

プライベートを楽しむタイプだったのですが、

あるときを境に頑張り出しました。

 

決められた仕事をしっかり丁寧に時間を

かけてやるタイプでした。

 

そして見事係長クラスに昇進しました。

ただ昇進後の仕事ぶりはやや低迷し、

悩んでいました。

 

自分の責任範囲を勝手に狭く解釈し、

自分に責任が及ぶことを過度に恐れている

ようでした。

 

同僚や他部署、上司との業務分担がうまくできず、

 

問題が発生したときに、

他人のせいだと訴えることが目立ちました。

丁寧な仕事が災いし残業時間も増え、

最終的に体調を崩してしまいました。

 

外資系の場合は、

抜きんでた個人の実力

(人脈や要領の良さを含んだ)で

収束させる場合が多いようです。

 

邪魔をする人がいるかもしれませんが、

気にせず突き進んで行きます。

 

一旦進み出すともう後には戻れない

ような雰囲気でした。

 

何かを犠牲にしてがんばるしか

ありません。

バランスを取るのが難しく、

厳しくストレスの多い環境です。

 

日系企業の場合は、

自部署の責任を明確にし、

そこだけをしっかりやっておけばいい。

問題全体の収拾については、

人脈や派閥の人間関係を活用して穏便に

解決することが定石かもしれません。

 

 

どちらの会社環境にも勤めたのですが、

「問題解決のためには視野を広げ、

もう一段広い枠で考えると解決方法が見つかる。」

は正論ですが、

実践するには様々な障害があって難しいようです。

 

よほど人間的に出来た幹部がいないと難しい。

外資系の場合は話の分かる外人幹部です。

 

何か特別なしくみ、

組織を越えた業務上の会議があれば

望みはあります。