一流コンサルに断られた会社はどうすればいいのか?

商品企画に所属していた頃、

社員の意識改善のため、コンサルを探したときのことです。

 

ある分野では有名な人にお願いに行き了解して頂きました。

ただ、多忙な方らしく時間があまり取れず、

確実に成果を出したいので研修参加者の出席率を指定され

ました。指定出席率以下なら、定着出来ないから

次のステップに行かないというのです。

 

研修は3~4回だったと思いますが、50人近くのメンバー

の出席率は残念ながら指定より低かったのです。

その結果、次のステップまで行かずその会社からの

コンサルティング契約は打ち切りとなりました。

 

後で聞いたのですが我々が良くない顧客(=成果が出せない顧客)

として切られたようです。生徒のレベルが低く、講義の

内容を理解できず、目標とするところまで行きつかない

と判断したとのこと。

 

決して、そのコンサルを責めているわけではなく、

相性とか、適切なレベルという意味では最もな話だと

思いますし、ある意味良心的と思います。

 

 確かに講義を聞く分には非常に役に立つと感じるけれど、

レベルが高すぎていざ自分達の行動に落とす時は

全く応用が出来ない予感がしました。

そのコンサルから見ても、レベルの差がありすぎて

何が問題で困っているのか分からないようでした。 

 

 

その後で、ある役員が探してきた日系大手コンサルが

担当することになりました。

個人から発散するオーラがなくて社員の中に

埋没しそうなコンサルばかりでした。

 

権威主義で肩書きにより対応を変える事業部長クラス

の担当コンサルトップが訪問されたので、

話しかけたら「あなたはこの会社で何の責任者なん

ですか?」と横柄な言い方で返されたのが印象的

でした。 

このコンサル会社を推している常務の前では、

非常に積極的に話していたようです。

 

そのコンサル会社に依頼したのは若手開発者が

グループになって論理的思考で考えを共有する

会議をファシリテートすることです。

発表会をして、参列した役員達がコメントを

する権威主義的イベントでした。

会社的にはこのコンサルの雰囲気の方が合っている

ようでした。

 

若手社員も迷うことなく、言われたことをやって

いるようでした。

 

ただ、少し寂しい想いはありました。

変わりたいから、その目標となりそうな人物を

探してきたのに、いざ自分達が変わるのに努力が

必要だと分かると目先の業務が多忙と逃げてしまい、

お気楽な雰囲気の研修なら参加して、

我々は変わります!と改革ごっこをする。

 

両方のいいとこ取りが出来ればいいのですが。

コンサルと会社とのマッチングは難しいと

思いました。

やはり最後は社長の意志なのでしょう。